お灸で逆子治療|札幌の鍼灸治療院 - 伊藤はり・マッサージサロン

お気軽にご相談ください:011-231-0313

治療メニュー

逆子治療

どうして逆子(骨盤位)になってしまうのか。 逆子治療

東洋医学的には、お母さんの冷えや、コリ、身体のアンバランス、血行不良などによって起こるといわれています。
特に、下腹部を触ってみて冷たい方、固い方は注意が必要です。
この下腹部の冷えから頭を守るために頭を上に向けているとも考える事ができます。
逆にいえば、下腹部を温めてあげる事で逆子が治る可能性があるということです。
また、全身の筋肉の硬直(コリ)もとても関係が深いと言われています。
お灸と鍼、マッサージなどを組み合わせて使うことによって、全身の血流をよくして特に下腹部を温めること、お腹まわりの筋肉を緩めてあげることで効果があがります。

当院では最新の4D超音波診断装置(4Dエコー)を完備しております。
治療の前後にお腹の中の赤ちゃんの位置を確認しながら治療する事が可能ですのでご安心下さい。
また、逆子と診断される28週頃になると、病院の診察は2週間に1回となる為、ご心配な方やもっと頻繁に胎児の様子を確認したい方は当院で治療を行う際に、4Dエコーで確認することができます。治療期間中もお腹の中の赤ちゃんの位置を確認しながらの治療になりますので、無駄のない治療を受けられます。

逆子治療

逆子(骨盤位)の灸は、逆子体操よりはるかに矯正率が高いです。逆子体操の矯正率は30%程度と言われておりますのに対し、28週時点から鍼灸治療を開始すると90%の矯正率です。
36週から開始すると50%弱の矯正率となりますがそれでも鍼灸の方が優位であることには変わりません
28週時点で逆子と診断され、漫然と逆子体操を続けたあげく骨盤位が解消しないから「じゃあ鍼灸でも・・・」と決意される方が多いですが、時間が経てば経つほど鍼灸での矯正率は低くなります。逆子と診断されたら、すぐに逆子の鍼灸治療を始めましょう。

逆子が治った患者様の声

  • Yさん 30歳 苫小牧市
    紹介で29週の逆子で治療にいきました。治療の前後で赤ちゃんの位置をエコーで確認をしてくれるのでとても安心しました。赤ちゃんも見れたし、4回目の治療の後、かえりました。
  • Tさん 32歳 札幌市
    27週で来院しました。はりとお灸をして頂きました。一回目でかなり子供の動きがよくなりました。二日後にもう一度通院して鍼灸マッサージも受けてその日の夜中無事に逆子がなおりました。
  • Nさん 29歳 旭川市
    33週で焦ってきました。すごく子供の動きが良くなり3回目の治療のあと、あれ返ったかなと思ったら、通院日にやはり返ってました。よかったです。

伊藤はりマッサージサロン
北海道札幌市 中央区南1条西6丁目 第27桂和ビル 6階
TEL:011-231-0313
地下鉄大通駅 徒歩1分
受付時間
平日:午前9:00~午後6:00
土曜:午前9:00~午後4:00
日曜・祝日 休診
ページトップへ戻る